大分旅行(2日目)

2日目は別府近郊の観光。

別府駅。駅前には、油屋熊八さんという方の銅像。油屋熊八さんは、別府を観光地にしようと尽力した方で、「山は富士、海は瀬戸内、湯は別府」というキャッチフレーズを作ったらしい。
別府駅

トヨタレンタリース別府駅前店でアクアを借りた。
トヨタレンタリース別府駅前店

まずは上人ヶ浜の別府海浜砂湯へ。午後になると混雑することも多いらしく、午前中の早い時間帯に行くとよいと聞き、朝10時に行ってみたら、先客が一組いただけで空いていた。とても気持ち良かった。今度別府に行ったときもまた行きたい。
別府海浜砂湯 別府海浜砂湯

その後は、昨日の結婚式でも一緒だった大学時代の友達と海鮮料理 華海鮮へ。りゅうきゅう丼が美味しかった。
りゅうきゅうどん

友人と別れ、由布川渓谷九重“夢”大吊橋に向かう。
が、道すがら、臨時駐車場に人だかりができているのを見て寄り道。
阿蘇くじゅう国立公園の神楽女湖(かぐらめこ)のしょうぶ園だった。
前日に花しょうぶ観賞会が行われたようで、この日も観光バスが来るほど賑わっていた。
阿蘇くじゅう国立公園 神楽女湖阿蘇くじゅう国立公園 神楽女湖 しょうぶ園阿蘇くじゅう国立公園 神楽女湖 しょうぶ園

寄り道したため、由布川渓谷では時間がなく、ちょっと立ち寄っただけ。
由布川渓谷

九重“夢”大吊橋では大雨だった。あいにくの景色。
九重“夢”大吊橋九重“夢”大吊橋より九重“夢”大吊橋より

別府に戻り、晩ご飯は別府駅からみなみ丸 合歓にて。別府駅から徒歩10分ほど。
地元の方も多く、賑わっていた。あらかじめ予約しておくのがおすすめ。
関あじ、関さばのほか、りゅうきゅうなど、どれも絶品だった。ぜひまた行きたい。
みなみ丸 合歓

やよい天狗。みなみ丸 合歓から徒歩5分程度。
やよい天狗