b-mobile スマホ電話SIM フリーDataからIIJmio みおふぉんにポートイン

2013年6月よりb-mobileのスマホ電話SIM フリーDataを使っていたが、MNPを利用してIIJmioのみおふぉん(音声通話機能付きSIM)に変更することにした。

MNPにあたり、電話が利用できない期間をできるだけ短くしたいと思っていたら、ビックカメラ経由で申し込めば、SIMカードを即日発行してもらえるとのこと。そのため、ビックカメラで申し込むことにした。

なお、ビックカメラではBIC SIMというプランに加入することになるそうだが、基本的なサービスはみおふぉんと同等で、公衆無線LANサービスWi2(ベーシックエリアのみ。オプションエリアは別途費用がかかる)が無料で利用できる。

MNPによる申し込みの手順は以下の通り。

  1. 10/27午前2時ごろ、My b-mobileからMNP予約番号取得を申請。
  2. 同日午後2時ごろ、MNP予約番号発行のお知らせがメールで届く。My b-mobile上では発行までに4日前後かかる場合があるとのことだったが、かなり早く番号が取得できた。
  3. 10/28午後7時ごろ、ビックカメラ有楽町店へ。1階の携帯電話コーナーにBIC SIMの申込カウンターがある。窓口は3, 4つあったが、すべて埋まっており、数人待っていた。自分も待ち行列に並ぶ。
    10分ほどして、順番が回って来た。窓口の方に教えてもらいながら、必要な情報を備え付けのiPadで自分で入力。なお、必要なものは、本人確認書類(運転免許証、パパスポートなど)、クレジットカード、その場で確認できるメールアドレス、MNPの場合はMNP予約番号。
    必要事項の入力が終われば、本人確認書類をiPadで撮影(スタッフさんがやってくれる)して返してもらい、SIMカードが出来上がる時間(自分の場合、30分後だった)を教えてもらい、いったん終了。
  4. 指定された時間以降にカウンターに戻ると、SIMカードの入った「IIJmio音声通話パック for BIC SIM」を渡され、レジでお会計。
  5. SIMカードはすでに利用可能な状態になっているので、SIMロックフリーの(またはドコモで使える)携帯電話に挿入すれば、通話とSMSが使えるようになる。データ通信を利用するためにはここから一手間、APNの設定が必要。iPhoneの場合は、手動でAPNが設定できない場合があるので、IIJmioのウェブページから「iOS APN構成プロファイル」をダウンロードしてインストール。
    なお、プロファイルのダウンロードにはWi-Fiにつながる環境が必要。

これで使えるようになる。

フォローする