メキシコ旅行(5日目)

今日はチチェン・イツァ (Chichen Itza) 遺跡トゥルム (Tulum) 遺跡ツアーに参加。
ツアーはメリダ発・カンクン着(陸路)になっていて、丸一日かかるもののメリダ-カンクン間の移動手段を確保する手間が省ける。
# 今日もエアロメヒコを利用する予定だったら、気が気じゃなかっただろう。

今回の旅行で一番見たかった遺跡がチチェン・イツァ。
日本でも世界の果てまでイッテQ! で取り上げられたと聞く。
ツアーには遺跡でのガイド料は含まれていなかったため、着いてから現地ガイドを頼んだ。600ペソ。

Cenote Sagrado のそばにある土産物の露天商の兄ちゃんに「安い」「ほとんどタダ」「しまむらプライス」と声を掛けられた。誰に教わったんだ。

他にも「ビンボープライス」と話しかけてくる人もいた。
この後、カンクンでは「カメハメハプライス」というのも聞いた。
お土産を買うつもりがなくても思わず立ち止まってしまう。

チチェン・イツァは遺跡の規模も最大だそうで、観光客もこれまで見た遺跡と比べてかなり多い。
駐車場に停まっている送迎用バンには日本の旅行会社のロゴも。

チチェン・イツァもそうだが、トゥルムも日差しが強い。
トゥルムでは、生まれて初めてと思うぐらいの日照りだった。

カンクンには5時半ごろ到着。
車から降りるときにガイドさんに何泊するのか聞かれ「1泊だけ」と答えたら、カンクンに来てたった1泊とは信じられない、といった表情だった。
ホテルは Gran Meliá Cancún.

ホテルに荷物を置いて夕ご飯へ。
友達が「地球の歩き方」で調べた La Joya というレストランへ。
Fiesta Americana Grand というホテルに併設されている。
エビのなんとかという料理を注文。美味しかった。生演奏もあった。
値段も米国に比べると手頃。

ホテルに帰ってくると、悪寒がする。
今日一日の車中でエアコンがきつかったのが原因だと思う。
友達に風邪薬をもらい、手持ちの熱冷ましとともに飲んで就寝。