iOS デバイスで Exchange サーバを経由して S/MIME を利用する場合の注意点

iOS 5.0 から iPhone, iPod touch, iPad などの iOS デバイスで S/MIME による署名・暗号化が利用できるようになっている(参考)。
が、iPhone で Exchange サーバとして Gmail を使用した場合に、S/MIME の利用に不具合があることに気づいた。
結構前から判明しているようで、情報もちらほらある。

  1. iOS 5: Issues and resolutions with S/MIME and Exchange 2010Apple Support, 2012年3月30日)
  2. Problems sending digitally signed emails.Apple Support Communities, 2012年1月27日)
  3. S/Mime and iOS5 and Google Apps/Exchange – no workyGarth Gillespie, 2011年10月17日)

不具合が出るのは、Exchange サーバとして Gmail を設定(参考)して、S/MIME で署名のみをオン(暗号化はオフ)にしている場合。
この場合、iOS デバイスから送られたメールを受信した場合、署名は添付ファイル “smime.p7s” として届き、メーラーの署名の検証は機能しない。
署名と暗号化の両方をオンにしている場合はこの不具合は起こらない。
また、Exchange サーバとしてではなく、標準的な方法で Gmail を設定した場合もこの不具合は起こらない。

上記1.のリンクでは、不具合の回避策としてメッセージ本文の末尾に改行を数個挿入することが記されているが、これを試しても変わらなかった。

フォローする