デトロイト・アナーバー旅行(3日目)

モーテルの朝ご飯はベーグル2個とオレンジジュース。
なお、モーテルのウェブページではコンチネンタルブレックファストが無料ということになっているが、これはコンチネンタルブレックファストではないだろう。ベーグルのほうがいいので不満はないが。。。

10:30ごろモーテルをチェックアウトして、モーテルの向かいにあるガソリンスタンドでレンタカーに給油。レギュラーの単価は $4.099/gal. だった。一時期に比べると高くなったなぁ。

そのまま Sheraton Ann Arbor でレンタカーを返却し、先輩に迎えに来てもらって、ゴルフの打ちっ放しへ出発。

およそ1年半ぶりにやってみたが、やっぱり難しい。

打ちっ放しの後は、昨日も付き合ってもらったもう一人の先輩も合流して、Nagomi という和食っぽい店で昼ご飯。Bento Special という日替り定食的なものを注文。どれも美味しかったが、天ぷらがいちばんだった。

その後 South State St. を南下してバス停まで送ってもらう。途中で、大学の中心地を通りかかると、緑色の服を来てセントパトリックデーを祝っている(といることを口実に盛り上がっている)学生たちを発見。いろんな建物に歩道にあふれるくらい集まっていた。

バス停には小一時間前に到着。ちょうどテニスの練習試合をやっていたので、それを眺めて時間をつぶした。

発車20分前にのりばに行ったらバスはすでに止まっていた。アナーバーから乗車したのは4, 5人。

発車後、運転手から「今コンセントを使えるようにした」とのアナウンスがあった。コンセントはどうやら運転席でオンオフできるようだ。コンセントが使えない場合は運転手にオンになっているか確認するとよさそう(だだし、運転中は話しかけてはいけない決まりになっている)。

途中で眠ってしまい目が覚めたら満席になっていた。

クリーブランド到着時点で遅れが出ていたようで、ピッツバーグ到着は約30分遅れの午後11:20ごろ。帰りの便でも Wi-Fi はほとんど使えなかった。
セントパトリックのおかげかダウンタウンはいつもより人が多かった。市バスに乗って0時ごろ帰宅。

2泊3日の小旅行で予定も詰め込まなかったので観光する機会は少なかったが、ゆっくりできた。

職場の先輩と仕事の話もできてよかった。
時間をかけて話したのはやはり人事の話。社会人になって間もないころは先輩たちが人事の話で盛り上がることが多いことに、同期うちで不思議に思っていたが、いつの間にか自分もそうなっていた。

今の人事制度を批判するつもりはないが、かなり深いところまで根ざしていて、思いもよらぬところとの調整が必要だったということは新発見。

今の採用のやり方は来年度で12年目を迎え、想定外の退職者や年度ごとの採用者数のバラつきなどにより、その運用に歪みが生まれている。個人の能力差が狭まらない、または広がる方向に作用してしまっており、能力を考慮した場合、要となるポストに就けられる人物は一部に限られてしまう。

自分の職場は人事配置に関しての柔軟性が比較的少なく、改善の余地は多くないように思える。ただ、硬直的なままでいいとは言えないし。結論は出なかった。難しい。

家に帰る市バスの車内で自分のリュックが緑色だったことに気づいた。偶然。