フィラデルフィア・ボストン旅行(1日目)

先月初めにメガバス(釣具メーカーではない)がバスのきっぷを無料で販売(?)し始めた。
手数料が50セントかかるが、利用する路線と時間帯によっては、50セントだけでバスに乗れてしまう。
これはいい機会だと思い、フィラデルフィアとボストンを旅行することにした。
6:20ピッツバーグ発フィラデルフィア行きのメガバスに乗るため、5時過ぎの市バスでダウンタウンへ。
昨日の降雪で5センチほど積もっていて、風が吹くと吹雪のように感じる。
20分でダウンタウンに着き、US Steel Tower 2階のスターバックスで軽い朝食。
6時ごろメガバスの乗り場に行ったら、すでに10人弱並んでいた。15分ほどしてバスが到着。早速乗り込む。
キャリーケースを積んでもらおうと係員の人に渡したら、見事なフォームでトランクに投げ込まれた。
バスは81人乗りの2階建て。乗車率は2割くらい。
5分遅れてピッツバーグを発車。
空いていて静かでトイレも清潔でいいのだが、サスペンションが固いのか縦に小刻みに揺れるので首が痛くなる。
柔らかい枕があれば楽そうだ。
車窓の景色は森が豊かで、ごく薄い青とピンクに染まった空がとても綺麗。
人造と思われるものも含めて、川や池を頻繁に見かけた。
2時間走って Sideling Hill で20分ほど休憩のため停車。
10:10ハリスバーグ到着。バス停はダウンタウンから少し離れたモールにある。乗降客は数人ずつ。
なぜか11時まで延々停車。
発車時の案内ではフィラデルフィア到着は12:45の予定。
ハリスバーグを出たあたりからは雪が積もっているのを見なくなった。
バスに揺られて7時間、スピード違反で取り締まられている車を見かけること3回、ペンシルベニア最大の都市フィラデルフィアに到着。予定より早く12時半過ぎに着いた。
初のメガバスは悪くなった。メガバスのロゴが入ったシャツを着たスタッフが4人乗車していた。人件費を削って安く運行していると思っていたのでちょっと意外。
WiFiの電波はずっと良好でLANには接続できるのだが、インターネットにはつながらず。電源は使えた。

フィラデルフィア到着後、まずはホテルに荷物を置きに行くために地下鉄のきっぷを買おうと、改札口に行ったら、クレジットカードは使えないという。カードが使える売り場がアムトラックの 30th Station にあるとのことなので一旦駅を出る。
Convenience Pass というものを購入。7ドルで、一日8回までフィラデルフィアの地下鉄・バスなど(SEPTA という)に乗れる。地下鉄は携帯電話の電波が飛んでいた。
1:30ごろホテル Alexander Inn に到着。チェックインの時間までまだ時間があったため、キャリーケースだけ預かってもらうつもりだったが、すでに部屋の準備ができているとのことで部屋に入れた。
部屋に荷物をおいて出かけたのは Independence Hall.
残念ながら外装の工事中で外からの眺めはよくなかったが、中に入れた。時期が時期だからか空いている。警備の人たちも暇そう。

Tomb of the Unknown Revolutionary War Soldier. 独立戦争で亡くなった兵士を祀っている。銅像の人はジョージ・ワシントン。

次は Liberty Bell Center. 1776年に独立宣言を読み上げたときに鳴らされた。1846年以来一度も鳴らされたことがないらしい。


夕食は Philly Cheese Steak.
友達から食べてみるよう勧められたのだった。味は悪くないが、ベンチが屋外にしかなく寒すぎて指の感覚がなくなってきたため、早々にホテルに引き上げた。