PiTaPaカード

数日前、仕事帰りにポストをのぞくと、不在票が入っていた。
スルッとKANSAI事務局からの郵便物らしい。
何だろうと思っていたところ、今日、再配達をしてもらったら、PiTaPaの更新カードだった。
PiTaPaには、2004年夏に本サービスが開始されてすぐに申し込んだ。
東京に出てきたいま、使うのは大阪に帰ったときぐらいだ。
この前5月に大阪に行ったときは、よく利用する阪急バスでも使えるようになっていて、便利だった。
東京ではモバイルSuicaを使っているが、チャージが面倒だ。
PiTaPaのようなポストペイ方式では、加入時の審査が面倒かも知れないが、日頃使うことを考えると、SuicaやPASMOのようなプリペイド方式よりも、ポストペイ方式の方が手間がかからなくてよい。
ポストペイ方式のカードだと、紛失・盗難時に限度額まで/利用停止申請をするまで使われてしまう危険性もあるが、利便性を考えると、それでもポストペイの方がいいなあと思う。
# プリペイド方式でも、オートチャージを設定していると、利用停止するまでは使い込まれてしまうだろう。

フォローする