教育実習事後指導

13–16時、教育実習事後指導。
堺市立宮園小学校の葛目己恵子先生が講演に来られた。
改めて教育の力を感じた。
教育実習以降、自分の思いのなかで教師という仕事が大きくなっている。
実習ではそれだけ貴重な経験をさせていただき、教育っていいと心底感じた。
最近、先生というものを「教師という仕事」と表現することに違和感を感じる。
もちろん、先生全員ではないのだろうけれど、教師をやっている人は教師というものを仕事とは思っていないのではないだろうか。
仕事と割り切っていてはできない「仕事」だと思う。

フォローする