航空機に関する講演と見学会

午前中は研究。
11時ごろ研究室を出て、最寄り駅にあるマクドナルドで軽く昼食をとり、
新明和工業 甲南工場へ向かう。
日本機械学会関西支部の「『機械の日・機械週間』記念行事(航空機に関する講演と見学会)」に参加するためだ。
会場に入ると知った顔があった。
3年のときに教わった先生とクラスメイトと他の研究室の先輩。
先生は以前、支部の常務幹事をされていたらしい。
JAXAの方2人の講演を聴いた。
講演の後、記念写真を撮り、いよいよ工場見学に向かう。
US-1A, US-1A改(US-2)を見ることができた。
見学の後は懇親会。
大学の先輩が何人かいらっしゃった。
昭和30年卒業(新制大学1期生(!))という大先輩もいて、かなり長い時間話を聞かせてもらった。
自分の所属する研究室に興味を持っているという学生にも出会い、いろいろ話ができた。
申し込みの際には懇親会に参加しようかどうか迷ったが、有意義な時間だった。
今回の講演・見学会は大盛況だったようだ。
定員80名のところにかなりの数の申し込みがあったらしい。
自分の参加者番号は70番台だったので、申し込みが少し遅れていたら参加できなかったかもしれない。
ヨドバシ梅田でDVD-Rメディアを買って、それまで2枚持っていたポイントカードを1枚にまとめてもらって帰宅。
帰宅してから、1年次にクラス担任だった先生が日本機械学会の副会長をされていたことを知った。
クラス懇談会では、いろいろためになる話を聞かせてもらった。
ウェブで見つけた写真をみる限りでは元気そうだ。