研究室体験

金曜日。
中国・四国地区の高校生が研究室体験に来られた。
自分の研究室には、午前と午後に来る。
それぞれ5人ずつ。
時間はそれぞれ3時間。同じ内容を体験してもらう。
午前のスタートは9時。
実際に研究室に来るのは、9時半ごろと聞いていた。
自分は8時半すぎに研究室に到着。
朝ごはんとして、パンを一個食べる。
昨日の朝ごはんに食べようと思って買っておいたパンだ。
パンをほおばっていると、見学の一行が研究室に入ってきた。
予想外に早い。
もう一人の研究室体験の担当者はまだ来ていない。
とりあえず最初に研究紹介をすることになった。
研究室のロボットを見てもらう。
今年の6月に報道発表になったもので、知っている生徒さんもいた。
研究紹介の後、いよいよ実習をしてもらう。
用意した内容を説明しながら、体験をしてもらった。
12時終了だったが、記念撮影などをしていると10分ほどオーバーしてしまった。
さらにその後、別の研究拠点にあるアンドロイドも見たいという希望があったので、そちらに案内。
結局30分ほど遅く終了した。
次は午後だ。
午後は13時からなので、いそいで昼食をとる。
昼食中にも別の仕事が降ってきたりして、結局食べ終わる前に午後の組が来た。
午前中に同じ内容をやっていることもあってか、午後の実習はいいペースで進み、時間に余裕を持って終了。
午後の人からも別の研究拠点のアンドロイドを見たいとリクエストをもらい、そちらに案内した。
特に引率の先生がアンドロイドに興味を持っているようで、熱心に質問されていた。
話を聞くと、うちの研究室は人気があるらしく、来られなかった人が来た人の2倍ほどいたとのこと。倍率3倍ということか。
来られなかった人がいるのは申し訳ない。
けれど、準備する側としても今の人数が受け入れられる最大だと思う。
見に行きたいと言ってくれるということはありがたいことだ。
高校生を見送ってからは、撤収作業。
今日は研究室の大掃除とも重なっていたため、夜まで時間がかかった。
その後は、ドクターの学生の勉強会(という名目の飲み会)。
今日は珍しく先生も来られた。2人。
自分は先生方と一緒に飲むのは初めてだ。
学校で話すときよりもかなりフランクで、冗談を言わなさそうな先生にもかなり笑わされた。
2時半ごろには終了。
研究室内での愚痴も出ながら、楽しい 飲み会 勉強会だった。

フォローする